相続税の基礎控除とは?

相続税の基礎控除とは?

①基礎控除とはどういう意味?

遺産相続というと、少しでも財産があると相続税がかかってしまうイメージがあります。しかし、「基礎控除額」を超えない場合は相続税は発生しません。

「基礎控除」とは、相続税のかかる遺産から引かれる、課税されない範囲のことで、「非課税枠」と考えるとわかりやすいでしょう。
この「基礎控除」があるおかげで、それ以下の遺産額では、相続税を払わずにすんでいました。

平成27年の改正では、この「基礎控除額」が引き下げられました。つまり「非課税枠」が少なくなってしまうのです。そうすると、自分には関係ないと思っていたサラリーマン家庭も相続税の支払い義務が出てくる可能性があります。

②どのくらいが非課税になるの?

具体的には、夫婦と子供2人の場合は相続する遺産が4,800万円までが基礎控除額の範囲ですから、遺産額がそれより少なければ相続税はかかりません。この数値は相続人の数で変わります。

しかし、調べてみたら自宅の地価が知らない間に騰がっていた、などの場合、予想外の相続税が発生する可能性があります。また、現実はこんな簡単な家族構成ではないことのほうが多いもの。家庭ごとの事情により安心はできないのです。

③気をつける点

基礎控除の考え方は、このようにシンプルなのですが、気をつける点がいくつかあります。計算方法は法定相続人の数を基にしているため、法定相続人の数え方が重要です。

特に相続放棄などの特殊な場合、放棄した法定相続人は数に入るのかという点が悩ましいところです。ちなみにこの場合は、基礎控除額の計算の人数に入ります。

それから、家庭の子供の中に養子がいる場合。これは、養子を実子と見立てて法定相続人と数えますが、他に実子がいる場合はそれは1人までになります。実子がゼロの場合でも、養子を法定相続人と数えるのは、2人までです。

④まとめ

基礎控除額は、これを考える前に、遺産のそもそもの価値がどのくらいなのかを導き出す計算も必要です。

相続税のかかる遺産は、現金や預貯金、土地建物などの不動産、宝石や自動車などの動産など多様で価額の求め方も複雑です。

他にも、みなし相続財産として、死亡保険金があります。こちらも相続税の計算をするときは面倒な要素となってきますし、間違えて無駄な税金を支払う事にもなりかねません。

基礎控除の他に、そもそも相続税がかからないものがあります。仏壇などの宗教的なもの、相続税の申告期限までに国などに寄付したもの、などです。知らずにいると大変です。

ちょっと見渡しただけでも、混乱してしまいそうですね。国税庁のホームページも、専門用語が並んでいて、勘違いをしてしまいそうです。大きなお金の関わる事ですから、うっかりは避けたいものです。

トップへ戻る